ホーム > カリメラの水 カリメラの水とは

カリメラの水

カリメラの水とは

カリメラの水

人のカラダは、成人体重の60%、赤ちゃんは実に80%を水分量で占めていると言われています。(人の脳は75%の水分量)水には、体温を調節し栄養分の運搬と不要物の排出、血中濃度のバランス調節などの大切な働きがあります。ですから、カラダに入る水のこと、しっかり考えたいですね。

眠っている赤ちゃん

バナジウム含有の天然水

「カリメラの水」で使用されている富士の天然水には、富士山の地層を形成する玄武岩の地層を長い年月をかけて通過することで貯えた「バナジウム」が含まれています。バナジウムは、カラダにとって有益だと言われている天然ミネラル成分のひとつ。特に富士山の地層を形成する玄武岩を通過した天然水には多く含まれています。(カリメラの水がこれです) 他に、アサリ、干しヒジキ、ホタテ、生ウニ、味付け海苔などの食品にも含まれています。「カリメラの水」は、どなたでも安心して、カラダにおいしくお召し上がりいただけます。

どんな優れた水でも、体内に吸収されなくてはその効果を発揮できません。水分子の集合体は「クラスター」と呼ばれ、小さいほど刺激がやわらぎ、味がまろやかに感じられます。それは水分子の動きが活発だと言えます。「独自性法」によって「カリメラの水」のクラスター値は64Hz(半値幅)。美味しくカラダに吸収されやすくなっています。

「カリメラの水」は、まろやかな口当たりの軟水のため飲みやすく、お子様から高齢者まで安心してお飲みいただけます。また加熱しても成分が変わらないため、お茶やコーヒーの薫りを引き立てたり、お米を炊く場合や野菜を茹でるときにも最適です。飲物に、お料理に安心・安全な水です。

眠っている赤ちゃん

1日4回、毎朝起床時と毎食前30分に飲用。 1回につきコップ1杯分(200mlくらい)をお飲みください。バナジウムは加熱しても成分に変化がないため、コーヒーやお茶など様々なものに使用していただけます。毎日のお料理にも使用できます。カラダのことを考えた安全な水で安心の生活をお送りいただけます。

カリメラの水から放射性物質は検出されませんでした

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――ページトップに戻る